条件の曖昧さで失敗した薬剤師の求人選び

2度の職場選び失敗から考えたこと

転職をしたいと考えたときに一度失敗する経験をしました。
薬剤師求人は多数あるからどれを受けても良いという気持ちがあったので、求人選びに手を抜いてしまったのが失敗の原因です。
転職の目的はただ当時の職場で働いていても楽しくないというだけの漠然としたものでした。
給料に不満があったわけではなく、仕事内容にはあまり魅力を感じられず、人間関係も円満というほどではない状況が仕事が義務という印象を受けていたのが嫌になっていたのが本当のところです。
職場をかえれば解決するだろうという安易な発想からの転職をしましたが、まだ独身で自由があったからこその失敗と言えるでしょう。
その結果として、また転職先でも同じような状況になってしまいました。
仕事を始めてみてやはり面白くないからもう薬剤師で働くのはやめようかと考えたほどです。
しかし、新たに転職しようと仕事探しをしてみると、やはり薬剤師で働いた方が給料が良いという魅力がありました。
そのため、今のまま我慢を続けるか、再度転職するかで悩みましたが、やはりこのままではだんだんと仕事がストレスになるだろうと考えて転職を決意したのです。
さすがに二度目の転職ともなると、ただ漠然と次の職場を選んでしまっては失敗するという自覚がありました。
そのため、何を条件にして次に職場を選ぶかを明確にすることにしたのです。

2度の職場選び失敗から考えたこと給料が減ったら絶対後悔する!ルーチンワークからの脱出で楽しい職場環境を得ることができた